【今すぐ行動】転職しないリスクが年々高まっている3つの原因

【今すぐ行動】転職しないリスクが年々高まっている3つの原因 転職Q&A

周りで転職者が増えてきた」、「今の仕事を続けてていいのか…

最近では転職も身近になり、実に2人に1人が転職する時代と言われています。

近年、転職しないことのリスクが高まっています

原因は、以下の3つです。

  1. 終身雇用制の崩壊
  2. 企業の積極的な転職採用
  3. 個人に求められるスキルの多様化

今後はこのような変化に対応できる人と、そうでない人の格差が広がります。

本記事では、転職しないリスクが高まっている現代社会で、「勝ち組になる方法」を解説します。

  • 転職しないリスクが高まっている3つの原因
  • 転職しないリスクを回避する方法
  • 転職へのチャレンジはノーリスクな話
チェスコ
本記事の内容を実践し、時代の変化に対応できる人材になりましょう

転職しないリスクが高まっている3つの原因

転職しないリスクが高まっている3つの原因

繰り返しになりますが、転職しないリスクは年々高まっています。

主な原因である以下3点について解説します。

  • 終身雇用制の崩壊
  • 企業の積極的な転職採用
  • 個人に求められるスキルの多様化

 

①終身雇用制の崩壊

これまで日本で当たり前とされてきた終身雇用制。

グローバル化の進展に伴い、終わりが近づいています。

 終身雇用制とは

終身雇用制:企業が従業員の入社から定年までの長期間について雇用する制度コトバンク

要は、企業が定年までずっと面倒を見てくれる制度です。

十分な成果が上げられなかったり、会社の経営が傾いても、そう簡単にはクビにならない。それが終身雇用制です。

 経済界トップが「終身雇用は終わる」と発言

ここ数年で話題になった経済界トップの方々の発言をご紹介します。

「正直言って、経済界は終身雇用なんてもう守れないと思っているんです。どうやって、そういう社会のシステムを作り変えていくか。そういうことだというふうに(大学側と)お互いに理解が進んでいる。」経団連 中西宏明会長Yahooニュース

「雇用を続ける企業などへのインセンティブがもう少し出てこないと、なかなか終身雇用を守っていくのは難しい局面に入ってきた。」トヨタ自動車 豊田章男社長日経ビジネス

経済界のトップが終身雇用制度の終焉を示唆する発言をしたことは、当時大きな話題となりました。

 能動的なキャリア形成が必要

終身雇用でなくなると、何が起きるのでしょう?

自分でキャリアを築ける人しか生き残れなくなります

今までは、ぼーっと働いていても、会社が面倒を見てくれました。

ただ、これからの時代は違います

急にクビを言い渡されることもあれば、成果次第で給料がガクッと下がることもあります。

計画的にキャリアを形成し、転職を含む幅広い選択肢を持っている人だけが生き残れる時代なのです。

 

②企業の積極的な転職採用

実感している人もいるかもしれませんが、多くの会社で転職採用が活発になっています。

 転職採用は年々増加

以下は、2014年以降の転職求人の件数の推移データ(doda)です。

転職者増加数

黄緑色のグラフが転職求人数を表しています。

2014年から2020年の間で、約3倍近く増加していることが分かりますね。

2020年以降、コロナの影響で減少していますが、コロナの終息とともにまた元の増加傾向に戻るでしょう。

 転職者は強力なライバル

これからの時代は、毎月のように入社してくる転職者との競争に勝っていく必要があります。

転職者との競争は簡単ではありません

転職者が強力なライバルである理由は以下です。

  1. 独自のスキルや経験を持っている
  2. 前職の観点からも意見ができる
  3. 仕事への意識が高い

転職経験がある時点で、その人には希少価値があります。

複数の会社で働いた経験を活かし、独自の価値を生み出すことができます。

そのようなライバルにどのように勝っていくか、今のうちから考えておく必要があるのです。

 

③個人に求められるスキルの多様化

近年、AIやクラウド技術の発展もあり、毎日のように新たなサービスが生まれては消えています。

このような変化の激しい時代では、個人に対しても多様なスキルが求められます

一昔前までは自分の専門分野さえ極めていれば、活躍することができました。ただこれからはそうもいきません。

 自分のスキルが無価値になる可能性

例えば、「営業一筋20年」の人がいたとしましょう。

日々営業トークに磨きをかけ、売り上げも右肩上がりでアップ。

そんな順調な毎日を過ごしていたところ、ある日社長が急に「オンライン販売専門にして営業を廃止する!」と宣言したらどうなるでしょう?

自慢の営業トークを発揮する場もなくなり、会社からの評価も当然下がってしまうでしょう。

 スキルと経験の「幅」が求められる時代

これからは、時代の変化に対応できる広いスキルと経験が求められます。

もちろん一つの会社で働き続けても、このような能力を身につけられる可能性はあります。

ただ、多くの人は日々目の前の業務をこなすので精一杯。その結果、十分な成長を遂げられず、時代遅れの人材になってしまうのです。

成長のために転職するのか、それとも一つの会社で必死になって努力するのか、決断が求められる時代が目の前まで来ています。

転職しないリスクを回避する方法

転職しないリスクを回避する方法

どうすればこのような激動の時代を生き抜くことができるのでしょう?

選択肢は2つあります。

  • 個の能力を高め、独自の強みを作る
  • 転職する側に回る

 

①個の能力を高め、独自の強みを作る

1つ目の解決策は、「誰にも負けない独自の強み」を作ることです。

ライバルとなる転職者が入ってきても、確固たる強みがあれば焦ることはありません。

このような強みを作るには、以下の行動が求められます。

  1. 同一分野で経験を積む
  2. 強みを2つ以上作る
  3. 最先端の技術を学び続ける

 強みを作る際のポイント

これらの行動を起こして得られる強みには、以下の特徴があります。

  1. ①他の人が真似できない
  2. ②時代の変化に取り残されない

1つの分野で働き続けると、年々経験が積み上がります。

そして後から参入してきた人には決して真似できない経験の差、すなわち参入障壁を築くことができるのです

また「強みを2つ以上作ること」、「最先端の技術を学び続けること」を通じて、世の中の変化にも対応できるようになります。

強みを作るのって相当大変じゃない、、?

その通りです。

このような強みを作るには、何年もの間、絶えず努力し続ける必要があります。

 

②転職する側に回る

転職しないだけで、リスクが増え続けるこれからの時代。

いっそのこと転職する側に回ってしまった方が楽ではないでしょうか。

僕自身転職経験者ですが、転職には多くのメリットがあります。

 転職のメリット

  1. スキルや経験の幅が広がる
  2. 市場価値が上がる
  3. キャリアアップにつながる(年収が上がる傾向)

今の会社が大好きで定年まで働きたい人は、もちろん無理に辞める必要はありません。

特に思い入れがないようであれば、転職も含め、自分にとってベストなキャリアとは何か、一度じっくり考えてみるといいかもしれません。

転職へのチャレンジはノーリスクな話

転職へのチャレンジはノーリスクな話

転職はハードルが高い」、「転職活動に失敗したらどうしよう

このような不安から、転職に踏み切れない人は少なくありません。

実は転職活動は、ノーリスクです

自分から言わなければ会社にバレることもありませんし、うまくいかなかったら今の職場に戻ればいいだけ。

チェスコ
たまたま受かったらラッキー」くらいの気持ちで、憧れの会社を受けてみるのもアリです。

 初めての転職は転職エージェントを賢く使う

初めて転職するという人は、転職エージェントを活用することをおすすめします。

このようなサービスを活用すると、成功確率を上げられるのに加え、転職活動の負担をグッと下げることができます

参考:【簡単】転職エージェントの賢い使い方【結論:自分本位でOK】

転職エージェントは、求人探しから、面接対策、最終的な年収交渉まで、すべて無料でサポートしてくれるサービスです。

転職エージェントサポート

今では大半の転職者が利用しているので、遅れを取らないためにもとりあえず登録しておくことをおすすめします。

ちなみに、僕自身が実際に使ってみて良かった転職エージェントは以下の3つです。

おすすめ転職エージェント

中でもdodaは担当者の対応が良く、僕の場合、紹介してもらった会社に年収150万アップで入社することができました。

ぜひ登録してみてください!

\高い利用者満足度(3分で登録完了)/
doda
無料登録(公式サイト)はこちら

まとめ:転職しないリスクと向き合おう

まとめ:転職しないリスクと向き合おう

本記事では、「転職しないリスク」が高まっている原因と具体的な対策を解説しました。

 転職しないリスクが高まっている原因 

  • 終身雇用制の崩壊
  • 企業の積極的な転職採用
  • 個人に求められるスキルの多様化

2,3年後には上記のような変化が、より現実的なものとなっているでしょう。

時代の変化に取り残されないよう、今のうちから少しずつ行動を起こし始めましょう

チェスコ

大手メーカー入社⇨やりがいが見出せずITコンサルに転職⇨激務&働き方の違いに適応できず休職⇨2回目の転職を目指すも断念⇨社内異動をきっかけに好転⇨「働き方のコツ」をつかみ、30代前半で年収1000万円達成。現在は会社の採用・教育活動にも従事。天職のつかみ方解説サイト『ジョブケーション』を運営。
プロフィール詳細はこちら

チェスコをフォローする
転職Q&A
チェスコをフォローする
ジョブケーション

コメント

タイトルとURLをコピーしました