職場のいじめで退職したい…人生を変える完全ロードマップ

職場のいじめで退職したい…人生を変える完全ロードマップ 人間関係

職場のいじめに耐えられない」、「退職して人生を変えたい…

会社は普通に働くだけでも辛いもの。

そこに人間関係の問題まで加わると、それはもう耐え難い状況になります。

社会人になったら、いじめなんてないだろう。

そのように思いたいところですが、実はそうでもありません。

マイナビのアンケートによると、実に「65.2%の人が職場でいじめにあったことがある」と回答しています。

またいじめを受けた相手は「上司が77%で第1位」とのこと。

基本的に、いじめが起きるような職場に残っても良いことはありません

人生を変える良いきっかけと捉え、思い切って環境を変えるべきです。

本記事では、いじめを受けている人がより良い人生にたどり着くまでの手順すなわち「ロードマップ」について、徹底解説します。

チェスコ
本記事の内容を実践いただき、辛い日々から抜け出す第一歩を踏み出しましょう

職場のいじめで退職する人の完全ロードマップ

職場のいじめで退職する人の完全ロードマップ

いじめに耐える日々は、本当に辛いものです。

ただ退職さえ決意したら、あとは明るい未来に向かって突き進むのみ。

重要なのは、明るい未来をつかむための「正しい手順」を理解すること。

本記事では、退職までの具体的なロードマップについて解説します。

退職までのロードマップ
それぞれ詳しく解説するので、1つずつ着実に進めていきましょう。

職場でよくあるいじめ

職場でよくあるいじめ

そもそも世の中では、どのようないじめが生じているのでしょうか?

以下は「1年以内に受けた行為」に関するアンケート結果です。
※グラフを触ると詳細が表示されます

Chart by Visualizer

トップ3は、1位:無視する行為(16.9%)、2位:感情的な叱責(15.6%)、3位:からかいや非難(9.6%)となっています。

このようないじめに関する「生の声」を集めてみました。

①無視する行為

会社で無視されたり、共有されなかったり、陰口言われたり、体調不良ですら有給も使えなかったり、個人で使用しているロッカーをあさられたり、完全なる嫌がらせ受けてます。Twitter

会社の男の同僚たちに挨拶を無視され、聞こえよがしにバカ呼ばわりされ、思い当たることといったらセクハラ受けたことを上司に相談したことしかないんだな〜😓黙っていればよかったのかな。でも、ますますエスカレートするべ?こうなったら徹底抗戦だー!😒Twitter

②感情的な叱責

上司には顔を合わせば大声で怒られ、 隣の課の課長は在宅してて席にいない人の悪口を大声でいってて、会社にいるとずっと心がキリキリする。Twitter

会社員時代にいじめを受けていました。みんなの前で大声で怒鳴られたり、しまいには転職チラシを一部の人がみだして「転職しようかな」と明らかに「お前居なくなれよ」と言われいるような態度をする。最後には信頼していた上司にまで裏切られた。大人のいじめはたちが悪い。Twitter

③からかいや非難

毎回会社の飲み会で、決まってみんなの前でからかわれ笑われ、馬鹿にされる「ネタ」にされている。飲み会自体断れる職場ではない。怖くてたまらない。Twitter

ブラック会社だったから嫌なんですけど!って思ったけど、人が!身体的特徴や名前をからかってくるので!嫌いだ!Twitter

上司のパワハラや同僚からの陰湿ないじめなど、多くの人が辛い思いをしながら働いていることがわかります。

いじめに耐えるのは、決して良い選択ではありません

行動を起こすのは勇気がいりますが、その一歩を踏み出した人だけが、人生を変えることができるのです

職場を退職するまでの具体的な手順

職場を退職するまでの具体的な手順

本記事で解説する「退職までのロードマップ」は、以下になります。

退職までのロードマップ

  1. ①退職方針の決断
  2. ②転職活動
  3. ③退職手続き
  4. ④有休消化
  5. ⑤新しい会社での再スタート

それぞれ詳しく解説します。

 

①退職方針の決断

いじめが原因で退職する場合、2つの選択肢があります。

  1. (1)仕返しをしてから退職する
  2. (2)穏便に退職する

仕返しをしてから退職する

「仕返しをする」と言うと少し語弊があるかもしれません。要は「いじめの事実を明るみにする」ということです。

いじめてきた人を野放しにできないという思いが強ければ、上司や人事部などにその事実を報告しましょう

ここで重要なのは、できるだけ証拠とセットで報告することです

証拠がなければ、会社も動くことができません。

メールやチャットの文章」、「スマホで録音した音声データ」、「いじめられた物的証拠」など。

しっかりと証拠を集めてから報告することでスムーズに話が進みます。

また、会社の対応が悪い場合は、労基などの外部の機関に報告する方法もあります

総合労働相談コーナーという窓口があるので、そちらに問い合わせればOKです。

 

穏便に退職する

仕返しをするのにも、デメリットがあります。

それは、心身ともに相当な労力がかかる点です

「社内でいじめが起きた」という事実は、会社としてもあまり認めたくないもの。

かなり慎重な事実確認が行われるため、あなた自身も何度も呼び出されて説明を行うことになります

なので、「その労力」と「いじめを受けた人に仕返しをしたいという思い」のどちらが強いか、考えてみましょう。

労力が見合わないのであれば、そのまま穏便に退職するのもアリです。

これは決して「泣き寝入り」ではなく、「逃げるが勝ち」です。

大人になってもいじめを行っているような低レベルな相手は無視して、良い人生をつかむことに注力するというのも立派な選択です

 

②転職活動

転職活動は働きながらがおすすめ

退職を決意したら、早速転職活動を始めましょう。

しばらく働かずにゆっくりしたいという人もいるかと思いますが、より良い人生をつかむためにも、「先に転職先を決めてしまうこと」をおすすめします。

というのも退職してからの転職活動には、以下のようなデメリットがあるのです。

  1. 転職先が決まるまで無収入
  2. 空白期間が空くと転職で不利になる
  3. 焦って志望度の低い会社に転職してしまう

より良い環境へとステップアップするはずが、逆に辛い状況に陥ってしまうリスクがあるのです。

詳しくは、以下の記事をご覧ください。

参考:転職活動は働きながらでも大丈夫?【結論:メリットだらけです】

 

転職活動の流れ

転職活動全体の流れは、以下の通りです。

転職活動の流れ

参考:【完全ガイド】転職活動の流れと受かるためのポイント【実績あり】

初めての転職活動は、ハードルが高く感じ、腰が重いもの

僕自身転職を決意してから行動を起こすまで、数ヶ月かかってしまいました…笑

転職活動を効率的かつラクに進めたいという人は、転職エージェントを利用することをおすすめします

転職エージェントとは、求人探しから面接の日程調整、年収交渉まで、一連の活動を全て無料でサポートしてくれるサービスです。

面倒な作業はできるだけエージェントに丸投げすることで、企業研究や面接対策など、本当に重要な活動に集中できます。

チェスコ
僕が転職した際にも利用しましたが、非常に助かりました!

ただ当時、どの転職エージェントを選べばよいか相当悩みました。。

そこで、僕自身が実際に利用してみて良かった転職エージェントを3つご紹介します。

おすすめ転職エージェント

これらのサービスについては、以下の記事で1万件の口コミを分析したので、安心してご利用いただけます。

参考:【1万件の口コミを分析】AIが導いたNo.1転職エージェント

 

③退職手続き

退職を決めたら貫き通すこと

転職先が決まったら、あとは退職手続きを進めればOKです。

辞めることに対して上司からグチグチ言われる可能性もありますが、心を無にして淡々と進めましょう。

ここで重要なのは、どれだけ引き止めにあっても、決して退職の意思を変えないことです

いじめてきた人と話してみるから」、「給料を上げるから」など、色々な手を使って引き止めをしてくるかもしれません。

ただ、一度退職意向を示した後に会社に残るのは得策ではありません

「何か不満があったら辞める人」というレッテルを貼られてしまうため、出世もしづらくなります。

またそもそも、いじめが起きるような低レベルな環境に残っても良いことはありません。

 

退職代行サービスの利用

中には「どうしても会社が退職させてくれない」もしくは「退職を切り出せない」という人もいるかと思います。

そういう人は奥の手として「退職代行サービスを使って辞める」のも選択肢の一つです。

退職代行サービスとは、上司との退職交渉から、細かな手続きまで、すべての退職手続きを代わりに行ってくれるサービスです。

相場は3万円前後と安くはないですが、退職を決意したら一度も出社せずにそのまま辞めることができるため、近年利用者が急増しています。

タイプ別のおすすめサービスを紹介するので、ぜひ利用を検討してみてください。

タイプ別 おすすめ退職代行サービス

これらのサービスについては、以下の記事で1万件の口コミを調査したので、安心してご利用いただけます。

参考:【1万件の口コミを調査】タイプ別おすすめ退職代行サービス

 

④有休消化

退職手続きが完了したら、あとは有給休暇を消化してゆっくり過ごしましょう

有休が貯まっている人であれば、2週間など長い期間休める人もいるかと思います。

社会人になると、これだけ長い休みはなかなかないので、思う存分リフレッシュしていただければと思います。

この期間にやっておいた方がいいことがあるとすれば、以下の2点について考えることです。

  1. 前職の振り返り
  2. 今後なりたい姿

 

前職の振り返り

いじめは、100%いじめた側に非があります

なので、あなたが反省する必要は全くありません。

ただ次の職場でも同じような状況にならないよう、対策を行っておくことは重要です。

一般的に職場でいじめを受けやすい人の特徴として、以下が挙げられます。

  1. 意思表示が苦手
  2. 周りに合わせるのが苦手
  3. 反抗的な態度や言い方をしてしまう
  4. 仕事でのミスが多い

自分に当てはまると感じた人は、転職をきっかけに、少しだけでいいので改善するよう心がけてみましょう

例えば、以下のような感じです。

  1. 意思表示が苦手
    →自分の考えを周りに伝えるようにする
  2. 周りに合わせるのが苦手
    →会社のイベントなどにも参加してみる
  3. 反抗的な態度や言い方を取ってしまう
    →行動や発言に注意する
  4. 仕事でのミスが多い
    →ミスを減らすための再発防止策を考える

完璧を目指す必要はありません。

無理のない範囲で、少しだけ変わる努力すればOKです。

 

今後なりたい姿

転職は「人生を変えるきっかけ」になります。

おおげさに聞こえるかもしれませんが、僕自身転職を機に人生が180°変わったと感じています。

このような機会を逃さないよう、まずは「転職先でどのようになりたいか」考えてみましょう。

ここで重要なのは、パソコンでもノートでもいいので、文字に書き出してみることです

文字に残すことで、いつの日か振り返った際に、初心に戻ることができます。

「社内で頼られる人物になる」、「○○のスキルを身につける」、「年収700万円を目指す」など、なんでも構いません。

自分のなりたい姿を言葉にしてみることが、理想の姿に近づく第一歩なのです

 

⑤新しい会社での再スタート

無事に転職が完了したら、新しい会社で再スタートを切ることになります。

前職の嫌な思い出は忘れ、新しい仕事に打ち込みましょう。

働く環境がガラッと変わるため、慣れるまでに少し時間がかかる場合もあります。

ただ、1年も働けば徐々に慣れていくもの。なりたい姿に近づくため、毎日コツコツ頑張っていきましょう

参考:【転職1年目】転職後に仕事がうまくいかないときの解決策【実体験】

まとめ:転職で人生は変えられる

仕事やりがい意味

本記事では、職場でいじめにあっている人に向けて、人生を変えるための手順を解説しました。

 人生を変えるロードマップ 

  • ①退職方針の決断
  • ②転職活動
  • ③退職手続き
  • ④有休消化
  • ⑤新しい会社での再スタート

毎日辛い日々を過ごしていて、先が見えないという人もいるかと思います。

ピンチはチャンス」という言葉があるように、より良い環境へとステップアップする機会と捉え、少しずつもいいので、行動を起こしてみましょう

チェスコ

大手メーカー入社⇨やりがいが見出せずITコンサルに転職⇨激務&働き方の違いに適応できず休職⇨2回目の転職を目指すも断念⇨社内異動をきっかけに好転⇨「働き方のコツ」をつかみ、30代前半で年収1000万円達成。現在は会社の採用・教育活動にも従事。天職のつかみ方解説サイト『ジョブケーション』を運営。
プロフィール詳細はこちら

チェスコをフォローする
人間関係
チェスコをフォローする
ジョブケーション

コメント

タイトルとURLをコピーしました